渡辺佳子先生について

渡辺佳子先生銀座ナチュラルタイムグループ総院長、社団法人経絡リンパマッサージ協会代表理事。「経絡リンパマッサージ」の第一人者であり、鍼・灸・按摩マッサージ指圧の資格、そのプロを養成する教員資格を持ち、教員養成科の講師も務めている。テレビ、ラジオ、WEBや雑誌の監修など幅広く活躍している。臨床家養成のための経営臨床塾、経絡リンパマッサージ師養成スクールなどのセミナーなども行う。また、ミス・ユニバース・ジャパン東京大会のビューティキャンプ講師、審査員も務める。

「渡辺佳子が考える本当の美とは?」

「きれいになりたい!」というのは、すべての女性に共通の願い。
でも「美しい女性」って、どんな女性でしょう?
具体的なイメージができれば、もっと理想に近づけるはず!
著者の渡辺佳子先生にお聞きしました。

美しい女性は健康な女性。そして、男性が魅力的だと感じる女性のこと

—先生の考える美しい女性というのは、どんな女性ですか?
一言で言えば、スタイルのいい女性です。骨格にあった無駄のないバランスのよい体は、健康な状態でもあります。スタイルのよい女性は持てます。「むくんで太い脚」や「鎖骨の埋もれたデコルテ」などの女性に男性はあまり魅力を感じません。また、不健康にガリガリにやせた女性も人気がありません。それは男性が本能的に、見た目にバランスのよい「体の内側から健康な女性」を選んでいるからなのです。
—「外見で判断する」というと悪いことのようですが、そう言われると納得できるかもしれません。
足首や鎖骨がキレイなのは、体内に老廃物や余分な水分が溜まっていない証拠です。最近は子供をもうけない夫婦も増えていますが、動物が恋をするのは、基本的に子孫繁栄のため。遺伝子学的にも男性の脳は、女性を見たときに、「健康な女性=魅力的」と感じるようになっているそうなんです。美しい女性に男性が惹かれるのは、不思議ではないのかもしれません。

やせない原因を取り除けば、どんな人でもスッキリときれいな体になる!

—どうしてもやせないという人は、どうしたらいいんでしょう?
体の状態を考えれば、理由もないのに太ることはありません。太っているのは、コリ、むくみ、セルライトなど、体に不要なものがあるから。その原因を取り除けば、必ずやせるはずです。
−原因がわからない場合は?
病気などの場合を除けば、やせない原因は、必ずその人の生活習慣にあります。たとえば、「普通に食べているだけ」と思っていても、その「普通」が普通じゃないかもしれない。中にはお弁当を二つも食べて、それが普通だと思い込んでいる人がいたりします。また野菜不足や、遅い時間の食事も、やはり太る原因です。その人本人や、家族が「当たり前」だと思っている習慣に問題がある場合も、意外と多いのです。
また、気づかない間に体がこっていたり、冷えていたりすることもありますから、自分でわからなければ、専門家に相談するのもいいでしょう。
—やせないのは、体の不調が原因ということもありそうですね。
その通りです。健康な体は、不要なものを溜め込まないので、太りません。東洋医学では、太るのも不調の一つと考えられています。経絡リンパマッサージを行う目的は、「やせる」ことだけではなくて、本来の自然な体に戻すこと。その結果が、ダイエットにもつながるということです。それから、本書で何度も強調していますが、大事なのはバランス。たとえば、脚だけ細くて上半身が太っているリンゴ体型の人がいますが、こんな風にバランスが悪いのは、体の内側にも何らかの問題がある可能性があります。またひざを痛めるなど体のほかの部分のトラブルを引き起こすこともあります。

心身ともにバランスがいいと、恋も勉強も仕事も、すべてがうまくいく!?

—心と体はつながっている、という話はよく聞きますが・・・
心身ともに充実してバランスがいい人は、精神的にもゆとりがあります。バランスのよい体をしている人は、精神のバランスもとれていて、雰囲気や人柄がよく、みんなに好かれている人が多いように感じます。
逆に、太りがちで体にさまざまな不調があり、顔色も悪い・・・など、外見も不健康そうなときは、精神的に不安定だったり、ストレスが溜まっていることが多いようです。
—健康になれば、心も豊かになるということですね。
健康な女性は、キレイで人柄もよいことが多いように思います。また、経験からいうと、体のコリを改善すると、頭も冴える方が多いようです。首がガチガチで、借金に苦しんでいたある会社の社長さんは、体をケアして、元気になったら、仕事も順調に。美しいということは、「生き物として、健康で強い状態」ともいえます。美脚を目指しながら、外見も内面も美しく強い、魅力的な女性になってほしいと思います。